よくあるご質問と回答集です。

 

Q1;履いているうちにパンプスが脱げやすくなった。対処法は?

 A1 中敷きや滑り止めで調整できます。中敷きも種類が沢山あるので、ショップのサンプルでお試し頂いて、よりフィットするものをお選びください。

 

Q2;ヒールの削れは、修理できるか?

 A2 修理可能です。ヒールの交換・巻き直しは約¥2500~¥400023週間のお時間を頂戴いたします。

 

Q3;本革のパンプスが、幅がきつくて履けない。

 A3 幅を伸ばす専用の型で、ある程度は広げる事ができます。ショップへお持ちください。調整にお時間いただく場合がございます。

 

Q4;サンダルを履きたいが、足が前に滑ってしまう。

 A4 前滑り防止の滑り止めで解決できます。厚みがあるほど、よりつま先が前に出るのを防ぎます。

 

Q5;革靴の色が褪せてきた

 A5 同色の補色クリームでカバーできます。または、本革用の保革クリームを全体に薄く2度塗りするとかなり目立たなくなり、しっとりします。出来てしまった傷には、カラーリペアクリームがお勧めです。

 

Q6;シーズン終わり、保管のしかたは?

 A6 まず汚れを落とします。次に保革クリームなどを塗り、防水スプレーをかけます。23日陰干ししたら必ず靴の中に乾燥剤を入れて、湿気の無い所で保管するのがベストです。型崩れを防ぐシューキーパーを入れるとより良いです。シューキーパーがない場合は、新聞紙でも代用いただけます。

 

Q7;スエードのお手入れの仕方がわからない

 A7 履く前に必ず防水スプレーをかけてください。汚れ落としなどは、スウェード専用のものをお使いください。スウェードブラシで時々ブラッシングしてあげると質感も保たれます。

 

Q8;撥水・防水・完全防水の違いは?

 A8 撥水→水を表面ではじく  防水→水の浸入を防ぐ  完全防水→絶対的防水

 

Q9;エナメルがちょっぴりはがれた。応急処置の方法は?

 A9 爪に塗るマニキュアで少しだけごまかせます。透明タイプがベスト。

 

Q10;ビジューや飾りは修理できるか?

 A10 ほぼ修理可能です。まれにインポートの物は、全く同じ物がなく、類似品になる場合もございます。

 

Q11;穴があいたのは直せるか?

 A11 申し訳ございませんが、穴の修理は不可能です。ステッチのほつれでしたら修理できます。

 

Q12;臭いが気になります。

 A12 消臭スプレーや乾燥剤を使い、除菌と除湿をしてください。毎日同じ靴を履かず、23足をローテーションして履くのが理想的です。

 

Q13;突然の雨で靴の中までびちゃびちゃ。どうすれば?

 A13 型崩れ防止&水分除去の為、新聞紙などをつま先まで詰めて、通気の良い場所で陰干しをします。完全に乾ききったら、クリーナーで汚れを落とし、防水スプレーで仕上げます。

 

Q14;サテンなどの、布素材の汚れを落とす方法。

 A14 履く前に必ず、防水スプレーをかけてください。その上で付いてしまった汚れは、薄めた中性洗剤で落とせます。布に洗剤液を染み込ませて、叩くようにして下さい。

 

Q15;何を履いてもかかとが脱げる。どんなものを選べばよい?

 A15 甲のかぶりが深めの物や、履き口にゴムの入っているものがおススメです。ストラップ付きも安心できます。

 

Q16;結婚式にミュールやサンダルはありですか?

 A16 基本的にはNGです。指先・かかとが隠れるものが無難です。

 

Q17;お葬式の時のパンプスは、どの程度ならオーケーなのか?素材、飾りなど。

 A17 本来であれば黒の布製のものが基本ですが、最近では革製品でも問題はないようです。飾りは極力避けた方がよいと思います。

 

Q18;濡れた革靴に出る白い線はどうしたらきえるのか?

 A18 水洗いできれいになりますが、自分ではとても大変だと思います。最近ではクリーニング屋さんで靴のクリーニングも扱っているところがありますので、是非そちらをご利用いただければと思います。

 

Q19;撥水効果はどのくらいもつのか?

 A19 使用頻度にもよりますが、2週間~1ヶ月に1回、防水スプレーをかけると効果は長続きします。

 

Q20;ピニャココの撥水の程度は?

 A20 接地面から1.5cm浸漬させた状態で、1.5時間は浸水しません。

 

Q21;ヒールを履くと、足の裏が痛くなる。助けて。

 A21 足裏クッションやクッション付き靴下などがおススメです。